社会性はどんなスキルをも凌ぐ最強のスキルだった件

生き方

おはようございます。
お久しぶりです、めにむむです。

あれからまた就職して、
日々辞めたいという気持ちに抗いながら出社しています。

何故今更このブログを再開するに至ったかというと、
「ワンちゃん当てて仕事辞めてやるぜ!」
という切実すぎる思いがあったためです。

そんな私の野望に付き合ってくれる方は、
下記バナーからおすすめの格安simを申し込んでいただけたらと思います。

下記で紹介しているnuroモバイルについてはまだ紹介記事を書いていないので、
ざっくりとここで紹介をすると、

・通信量10GBが1320円と安価
・3ヶ月に1回6GBが付与される
・翌月まで余った通信量を持ち越せる
・キャンペーンで月額料金の割引やキャッシュバック等をやっている
・12-13時は動画が止まったり通信速度が遅くなるが、通常時は問題なし

です。

現在は10GB+月70分通話料無料で月額1390円とかいう、
最強すぎる某MVNOが出てきてしまったため影は多少薄くなってきましたが、
キャンペーン期間だけはnuroモバイルも十分オトクなので、
気になった方は是非見ていってください。

まぁ、そんな簡単にうまくいくわけ無いと思うので
また暇を見つつ書いていこうと思います。

今回の題材は、
『社会性こそどんなスキルをも凌ぐ最強のスキルだった』
です。

社会性はチートスキルだと思った

社会性を持っている=人間だと認められる

なぜこんなバカバカしいことを考えたかというと、
改めて自分に社会性というものが備わっていないと転職して
散々感じたためです。

社会性とは、

対人関係における主として情緒・性格などのパーソナリティの性質であり、人間が社会化される過程を通して獲得される。人間関係を形成し、円滑に維持するための社会生活を送る上で欠かせない特質である。

引用:wikipedia

つまり、人が人として人の集団で生活する上で
周囲との関係を円滑に過ごすための技術ということになります。

基本的にはどの職場にも上司・先輩・同僚が居て、
取引相手が居ます。

そこには様々な性格の人が居て、
それぞれ役割(仕事)を割り当てられています。

どの職場でも確実に一人以上は
嫌いな人が皆さんもいるとは思いますが、
職場では嫌いだから関わらないなんて言ってられません。

仕事であるからには、
どんな相手にも人間として接するスキルがないと、
たちまち嫌われて、職場の輪からはじき出されてしまいます。

つまり、

・協調性がない

・気分が態度に出やすい

・好き嫌いが多い

・我慢ができない

・こだわりが強い

・プライドが高い

みたいな反社会性のデバフを持っている社会不適合者の私は、
会社という小さな箱の中で生きて行くのは難しいわけです。

逆に言うと、社会性を持ち合わせているだけで
職場でもそこそこの関係性を築いていけて、
仕事も楽しくできるんじゃないですかね。

社会不適合者は転職を繰り返す

・どんな良い職場でも変な人は確実に1人以上いる

・同じ失敗を繰り返す

これは実際に起きている私の話です。
まずは、私の思考回路を簡単に紹介します。

1.金欲しいなぁ・・・仕事しよ

2.2ヶ月後・・・はぁ、仕事辞めたい

3.もう正社員は嫌や、適当に派遣でもするか

4.派遣ではやっぱり稼げないな、やっぱり正社員だな!

5.正社員に戻るも以下ループ

仕事を辞めたい理由も様々ですが、
それらの理由をざっくり要約すると

仕事を辞めた理由

・仕事が楽しくない

・職場の人間が嫌い

仕事が楽しくないのも、
人と上手く関わることができずに孤立して、
仕事が上手くいかないからですし、

職場の人間が嫌いなのも、
そんな自分を孤立させるのが嫌いだからです。

・・・改めて見ると、
幼すぎるというか、ブラック人材すぎるというか
仕事が続かなくて当たり前というか。

社会不適合者が生きていくには

じゃあどうやって生きていくの?という話ですが、
選択肢は大きく3つあると私は考えます。

自分を顧みて社会性を身につける努力をする

一番スタンダードな方法はこれでしょう。
様々な自己啓発本、セミナー、動画が人気なのを見ても
わかる通り、誰でもそれなりに悩みを抱えているようです。

悩みを抱えながらもそんな自分を顧みて修正していくことができるのか、
できないのかを決めるのは自分次第だと思うのです。
できるのならそのまま社会で頑張っていけばいけばいいと思います。

個人で頑張る

集団で生活ができないのなら、
輪から外れて個人で頑張るしかありません。

ここで一つはっきりいいますが、
貴方が平凡、もしくはそれ以下の才能の持ち主であれば、
「稼ぐ」という意味においては個人より集団、つまり会社の方が楽と言えます。

会社に属していれば、
仕事は勝手に会社が持ってきて、
その仕事をこなしているだけで給料が貰えます。

会社に仕事が回ってくるのは、
これまでに築いてきた信頼と実績があるからです。

自身にスキルも資格もコネもない状態で
1からビジネスを始めるのは、とても骨が折れます。

因みに私のこのブログですが、
最初の収益が発生するまでに半年程度は
かかりました。

最近は個人で稼ぐ手段も様々あります。
自分を変える努力ができない方は、
個人で稼ぐ力をつけましょう。

寄生する

一番最終手段としては、
寄生する方法もあるでしょう。
宿主は大きく分けて以下の2つがあります。

・親or恋人

・社会保障

この中では、親に寄生するのが最も現実的な方法でしょう。

親子仲が良好であれば、実家に住めば良いですし、
親の扶養に入ることができれば、
社会保険料等を支払う必要もありません。

ある程度家事等をしていれば、
家賃や食費について色々言われることも少ないでしょう。

社会保障

生活保護という手もあります。
ただ、この生活保護を受けるには種々の条件をクリアする必要があるため、
ハードルは高めです。

保護の要件等

生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。

資産の活用とは

預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充ててください。

能力の活用とは

働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください。

あらゆるものの活用とは

年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、まずそれらを活用してください。

扶養義務者の扶養とは

親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください。

そのうえで、世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。

引用:厚生労働省

基本的には実家を出る必要があり、
当然ですが働ける場合は働くように迫られます。

生活保護は働きながらでも一定の基準を満たしていれば受給できるため、
週5日8時間の正社員が難しい人は、アルバイトをしながら
生活保護の申請をしてみても良いかもしれません。

生活保護を受給できれば、
社会保険料はかからないどころか、
医療費も実質無料です。

こう書くと、
生活保護良いなぁ。

まとめ

社会性は社会で生き抜くには最強のスキルで、
これがないと会社での仕事が一気に辛くなります。

社会性のない私みたいな社会不適合者は、

1.社会性を身につけるため努力をする

2.個人で働く

3.寄生する

のいずれかしかありません。

毎日の仕事が苦しくて悩んでいる人は、
一度自分がどうすべきかを考えてみてはいかがでしょうか。

個人で働くにしても、自分がどんな事ならできて、
どんな仕事が好きかを探してみるのも良いかもしれません。
個人で様々なスキルを売っているサイトもあるので、
是非除いてみてください。

コメント